90年代1

WEGO

90年代リバイバルファッションが新デザインで登場

90年代リバイバルファッションとは?

いまファッション業界では、90年代リバイバルファッションが注目を集めています。この記事は90年代リバイバルファッションに興味のある人に、ぜひ読んでいただきたいと思います。

まず90年代のファッションとはどんなファッションだったのでしょうか。振り返りから始めてみたいと思います。90年代前半は、80年代のバブル期のDCブランドブームを引きずりながらも、オリジナルティーのあるインディーズブランドが続々と誕生して始まりました。

ディスコブームの終焉と共にクラブシーンが訪れ、古着が人気となったり、ジェンダーレスな雰囲気が漂っていました。自作ファッションで個性をアピールする若者が増えて、ストリートファッションとして雑誌に掲載され始めたのもこの頃です。インディーズブランドを取り揃えるセレクトショップが急増し、裏原ブランドが登場しました。

90年代後半になると、ファッションの中心は渋谷と原宿に分かれることになります。渋谷では、ギャル文化が中心となります。安室奈美恵のファッションをまねた「アムラー」が街を闊歩し、ファッションの中心は女子高生に移っていきました。

R&Bやヒップホップが全盛となり、黒人ファッションへの関心が高まる中、ガングロの女子高生やB-BOYと呼ばれるラッパースタイルに影響を受けた男性ファッションが中心となりました。

一方、原宿では、ラフォーレ原宿や竹下通りに「パンクブーム」が到来しました。ロンドンのミュージシャンのファッションを取り入れ、ドクターマーチンのブーツやコンバースのシューズなどが流行しました。そこから個性的なオリジナルファッションが進化して、ロリータパンクやゴシックスタイルの誕生へとつながっていきました。

やがて読者モデルが注目を集めるようになり、新進気鋭の新たなデザイナーが次々と誕生しました。その中からネオDCという新しい流れが生まれ、東京発のファッション&カルチャーは世界からも注目されるようになりました。

『LOVERS HOUSE』×『WC』第2弾コラボコレクション

90年代3

そんな中、前回大好評だった90年代リバイバルアイテムを取り入れた『LOVERS HOUSE』×『WC』第2弾コラボコレクションが新デザインで発売されました。

本コラボレーションでは、90年代リバイバルファッションをテーマに90年代当時のアイテムを再現。今の原宿ファッションにもコーディネイトできるイメージで幅広い世代の方に着ていただけるよう制作したとのことです。

90年代当時のアイテムを再現しつつ、現代の原宿ファッションにも合うようなアイテムをイメージし、幅広い世代の方に着ていただけるよう、コーディネートしやすいアイテム展開がなされています。

『LOVERS HOUSEは、1990年代前半に原宿から世界的なブームになった、SUPER LOVERS』の広告に使用し大人気となったケンアンドメリーのキャラクターをメインキャラクターにして誕生した、スーパーキャラクターブランドです。その後90年代後半ジュニアブランドとして日本の小中学生の間でブームとなりました。

SUPER LOVERS』とは、創業デザイナーである田中康晴が80年代カルチャーの影響を受け1988年にスタート。2000年代にかけて原宿ストリートファッションシーンを牽引、日本を代表するトップブランドとして世界に大きな影響を与えたブランドです。

2019年、これまで『SUPER LOVERS』を愛し応援してくれた多くの皆様への感謝とお礼の気持ちを込めて、 “世界中にかつてないほどのLOVEを。”をコンセプトにしたドネーション型ブランドとして再始動しました。

第2弾コラボコレクションのラインナップ

第2弾コラボコレクションのランナップは、「ビッグT」「チビワンポイント刺繍ロンT」「袖プリントロンT(フロント刺繍)」「iPhoneケース」「キーホルダ」「プリントトート」「ステッカー」「ポーチ」となっています。

90年代2

『LOVERS HOUSE』×『WC』第2弾コラボコレクションに興味のある方は、ウィゴー公式オンラインストアをクリックしてご覧ください。

-WEGO

© 2020 アパレルコンサルタント