JUN Sustainable2

JUN

Take in Sustainable ! サロン アダム エ ロペからの提案

サスティナブルがファッション業界のブームとなっている

先日、サステナブル(Sustainable)すなわち環境に優しい「持続可能な社会」をコンセプトとした「CHARLES & KEIT「サステナブルコレクション」についてご紹介しました。

サステナブル1
リサイクル素材を活用 CHARLES & KEIT「サステナブルコレクション」

サステナブル(Sustainable)ってな~に? サステナブル(Sustainable)とは、直訳すると「持続可能な」であり、形容詞です。サステイン(sustain)は動詞で「持続する」であり、サス ...

続きを見る

今回は、JUNが運営する「SALON adam et rope'( サロン アダム エ ロペ)」からサスティナブルをテーマとしたリラックスウェアシリーズがリリースされたので、ご紹介したいと思います。

いま、ファッション業界では、まさにサステナブル(Sustainable)ブームがやってきています。そして、そのキーワードは、「環境に配慮した素材」です。リサイクル素材を使った服などが注目されています。

サスティナブルを日常生活に取入れたリラックスウェアシリーズ

「SALON adam et rope'( サロン アダム エ ロペ)」から、 サスティナブルを日々の生活に気軽に取り入れられるリラックスウエアシリーズがリリースされました。 服から服をつくる“BRING Material”や、 ”ecoito”など、 環境に配慮した素材を使用したウエアが展開されます。 おうちで過ごす時間が多い今、 優しい素材を選んで快適な生活を過ごしてはいかがでしょうか。

JUN Sustainable

“BRING Material とは?

古着を化学的にリサイクルすることで、新しいポリエステル原料に再生。古着を回収し、服から服をつくります。石油由来原料でつくった服と変わらない品質で、何度でも再生が可能です。これを「BRING Material」といいます。

ecoito とは?

「ecoito」とは、再生繊維の中でも、自然由来の原料と、環境に負担をかけない優しい製造工程でつくられている”リヨセル繊維“、また製造工程による省資源化の実現や、石油への依存を軽減することによりCO2の削減が可能になった”リサイクルポリエステル“をブレンドした繊維のことです。

在宅勤務が増えるとファッションも変化する

本日、「緊急事態宣言」が解除になりましたが、今回の自粛をきっかけに、日本の働き方改革が一気に進むと思われます。これからの会社員の働き方は、週2回以上は在宅勤務になるのではないでしょうか。

週2回在宅勤務なら、土日と合わせて、1週間のうち4日間は自宅にいることになります。週3回在宅勤務なら、5日間が在宅です。自宅にいる時間が長くなれば、当然、ファッションのあり方も変わってくるはずです。

おうち時間を快適にするためには、ルーズで楽なスタイルの服が必要となりますが、そういうスタイルとサスティナブルに配慮した素材はとても相性がよいと思います。

サスティナブルな素材の服だからこそ、リラックスした優しい気持ちになれるのではないでしょうか。

「SALON adam et rope'( サロン アダム エ ロペ)」が発売したサスティナブルをテーマとしたリラックスウェアシリーズに興味のある方は、J'aDoRe JUN ONLINE(ジャドール ジュン オンライン)をクリックしてご覧ください。

-JUN

© 2020 アパレルコンサルタント