ナノユニバースジャケット

nano・universe

カジュアルジャケットがトレンドのど真ん中

カジュアルジャケットに特化したレーベルnano universe paris

空前のセットアップブームの中で、ドレス寄りのアイテムが人気となっています。そんな中で、カジュアルジャケットが果たす役割も大きくなってきました。こんな風に感じていたところ、 ナノ・ユニバースからカジュアルジャケットに特化したレーベル“nano universe paris”が発表されました。

まさしくトレンドのど真ん中を狙ったレーベルだと思います。 nano universe parisはm’s braqueの松下貴宏氏がデザインを手掛けており、これまでのカジュアルジャケットとは一線を画すべく、m's braqueの得意とするパターンメイクから生まれるフォルムや匂いを取り入れ、m's braqueが認める日本国内の工場にて生産されます。

ナノ・ユニバース公式通販サイト

松下貴宏 氏のプロフィール

1968 年東京生まれ。高校卒業後、独学で学んだパターンワークをベースに、パタンナーとしてそのキャリアをスタート。多数のセレクトショップにて、マスターパタンナーとして参画したオリジナルコレクションを発表。2000 年渡仏 パリにアトリエを構える。

2001 a/wにBRAQUE women’s collection スタート。2002 s/sにBRAQUE men’s collection スタート。2003 s/sに夜の遊び着をテーマとしたクロージングレーベル・Bleu Braque スタート (BRAQUE/men’s)。2007 s/sにレーベルを統一し、 m's braque (エムズ ブラック) を発表。

表層的なデザインだけでなく、カッティングや流れる曲線を大切に、着心地とデザインを両立。艶や色気を大切に、テーラリングをベースにしながら、独特の‘抜き’が内在する独自のスタイルを提案。

nano universe parisの特徴

今回の企画では、「CHARLOT(シャルロ)」、「SEINE(セーヌ)」というフランスの地区をイメージしたパターンをベースに様々な生地で作成されます。ポケット裏に使用されるチーフにもなる生地は、パリの蚤の市などで買い付けたデッドストックやヴィンテージのものを使用するとのことです。

ナノユニバースジャケット2

ナノユニバースジャケット3

ゆったりしたデザインのカジュアルジャケットは、色々なパンツとの相性もよく、着心地とスタイルの良さを両立した、今を感じる製品に仕上がっています。

nano universe paris が気になった人は、ナノ・ユニバース公式通販サイトをクリックしてご覧になってはいかがでしょうか。

-nano・universe

© 2020 アパレルコンサルタント