アパレルVMDの解説

アパレルVMDとは

VMDとは Visual Merchandising の略であり、直訳すると「品揃えされたものを、 お客様の視覚に訴求すること」 になります。アクティブ・コンサルティングでは、 VMDをストアスペースVMD(Store Space Visual Merchandising)と、サプライチェーンVMD(Supply Chain Visual Merchandising)に分けて考えています。

概念としては、商品が売場に並ぶ所までがサプライチェーンVMDであり、商品を売場に並べる所からが、ストアスペースVMDとなります。通常、狭義のVMD とは、ストアスペースVMDのことを意味します。ストアスペースVMDは、VP、 PP、IPの3つの要素で構成されます。

VP(Visual Presentation)

VP (Visual Presentation) は、ショーウィンドウやフロアの代表的な ディスプレイなどの、売場の中で最も目立つ場所における大掛かりな ディスプレイのことを指します。VPの役割はアパレルショップの企業 コンセプトないしはストアコンセプトを伝えるものであり、シーズンテー マを訴求するものであります。したがって、VPの役割は極めて重要です。VPは、通行客の注目を集めて、立寄率を高めるものでなけれ ばなりません。

PP(Point Presentation)

PP (Point Presentation) は、店舗の中で、比較的、小規模なディス プレイのことを指します。つまり、売場の中におけるディスプレイの中 で、VP以外のものすべてのことです。柱回りや、壁面の上部などに 設置されることが一般的です。PPの役割は、定番商品の顔であって、店内の回遊性を高めて、来店客の各売場への立寄率を高める役割を担っています。

IP(Item Presentation)

IP (Item Presentation) は、定番陳列のことを指します。つまり、 お客様が購買に当たり、比較検討しやすいように並べることを意味します。 具体的に言えば、面積当たり、什器当たりに、適正な量を選びやすく並べることが大切です。改めて整理すると、VPにより店舗への立寄率を高め、PPにより各売場への立寄率を高め、IPにより買上率を高めるという順番になります。

© 2020 アパレルコンサルタント