ブランド戦略の要点

ブランド戦略を策定するには

ファッションブランドにさまざまな背景を抱えたものがあり、現代はまさしくファッションブランドが混とんとしている時代です。このような時代にあって、ブランディングに勝ち抜くためには、いったいど のようなブランド戦略を取ればよいのでしょうか。アクティブ・コン サルティングの考えるブランド戦略の要点をごく簡単にご紹介します。

ライフスタイルを持った顧客を対象にする

ブランド戦略で重要なことは、自分のライフスタイルを持った顧客を対 象にすることです。アパレルショップチェーンは、最終的には企業規 模の拡大を目指すのですが、単一ブランドですべての顧客をカバー することはできません。

したがって、複数ブランドを展開する必要があ ります。その場合、個々のブランド開発に当たって、どのようなライフ スタイルを持った顧客を対象にするのか、徹底的に分析、検討しなければ なりません。

ポジショニングを明確にする

自社で複数ブランドを立ち上げ、さらに競合他社の複数ブランドと戦うわけ ですから、自社および競合企業のブランドを明確にポジショニングすることが必要です。

さまざまな基軸を設定して、マトリクスにより、自社の既存のブランドと新規ブランドのポジションをきっちりと決めることです。ブランド 戦略の全体系を想定して、必要なポジションに新ブランドを位置づけていき ブランド体系を完成させることです。

コンセプトに徹底的にこだわる

ブランドビジネスの商品は、細部に至るまでこだわりがあります。したがって、こだわりを持った商品を売るのですから、こだわりを持った販売方法を取ることが必要です。

ロケーション、スペース、レイアウト、ストアデザイン、ビジュ アルプレゼンテーション、棚割など、すべての細部にこだわることです。言い換え れば、ブランドコンセプトに適したビジュアルマーケティングを展開することが 大切です。

顧客満足度を徹底的に追及する

ブランド戦略の究極のポイントは、顧客満足度を最大化することにあります。 顧客満足度をいかに膨らませられるかは、顧客一人ひとりの感じ方にあるので、 非常に難しいのですが、販売するアパレルショップ側が、すべてのステップに おいて、細部までこだわった完璧な仕事を成し遂げることにより実現に近づきます。

経営管理者、バイヤー、スーパーバイザー、店長、販売スタッフなどが、 各々プロフェッショナルとして、完璧な仕事を成し遂げることです。アクティブ・ コンサルティングは、アパレルショップの人材育成のお手伝いをいたします。

© 2020 アパレルコンサルタント