ファッションブランドの種類

ファッションブランドの主な種類

現代では、ファッションブランドとひとことで言っても、その中には さまざまな種類のブランドが含まれ、まさしくブランドが混とんとして いる時代となっています。過去の実績に頼ったブランドが通用する時代ではなくなっているのです。

そのために、徹底的なマーケティングに基づいたブランド 戦略を展開して、本当の意味での付加価値を創造していかない限り、 ブランディングは成功しないと考えて下さい。以下に、ファッションブランドの主な種類とまとめてみます。

インポートブランド

インポートブランドといえば、元々はプラダヤグッチ、エルメスなどの、 海外の高級ブランドを意味していました。しかし、現在では、低価格の カジュアルブランドも多数導入されています。

ライセンスブランド

消費者はデザイナーの名前が付いていれば、そのデザイナーが作っている と思うのですが、実際には名前を使う権利だけを購入して、自社企画生産 の商品にブランド名をつけて販売される商品です。ブランドイメージが低下 しないために、最終製品まで本社がチェックするところが増えています。

オートクチュール

ブランドの起源はオートクチュールから始まりましたが、現在では、皇室・ 王室、ファーストレデイ、社交界に属する、世界でも数百人の顧客で成り立って いる分野です。シャネル、イヴ・サンローラン、クリスチャン・ディオールなど が、代表的なブランドです。

プレタポルテ

1960年代以降、既製服につけられたブランドであり、現在ではファッション ブランドのほとんどがプレタポルテということになります。そのために、敢えて プレタポルテという言葉を使うのは、コレクションの世界だけとなっています。

ナショナルブランド(NB)

チェーンオペレーションのもとに、全国の直営店やFC店で販売されるメーカー ブランドです。大量生産で低価格のために、ファッションマーケットのボリューム ゾーンを支える役割を果たしています。

プライベートブランド(PB)

セレクトショップや百貨店、GMSなどが、独自に創るオリジナルブランドの ことです。ベーシック商品で、継続的かつ多量に販売される商品を中心に開発 されています。利益率が高く、強く推奨されていることが多いです。

インディーズブランド

独立資本で活動するデザイナーが創るブランドです。制約がないために個性的 なデザインを特徴としています。メジャーへの出発点とも言えます。スポンサー がいないために、資金が少なく、経営面の基盤は弱い場合が多いです。

© 2020 アパレルコンサルタント