アパレル用語・カ行

アパレル用語・カ行一覧

アクティブ・コンサルティングが編集したアパレル用語・カ行のご説明です。基礎知識としてお役立て下さい。

■ ガーゴパンツ
貨物船のクルーたちがはいていた厚手の丈夫なコットン地の作業用パンツのことを意味します。両方の脚部分に大型のアコーディオン ・ポケットが貼り付けられているのが特徴です。

■ ガーリッシュ
和製英語です。少女っぽいファッションの意味です。

■ 買取取引
仕入れた商品を買い取る取引形態です。価格交渉が有利になる、売れ筋の必要数量を確保できるなどのメリットがあります。百貨店など では、返品が可能な委託仕入が多いため、区別するためにこの用語が使われます。

■ カットソー
正式には、カット&ソーンと言います。シャツなどの織物ではなくて、 ニットの生地を裁断、縫製した製品のことです。編み上げて製品にするセーターなどとは異なります。

■ カラス族
日本を代表するデザイナーの山本耀司や川久保玲などが、1980年代のパリで起こした「黒の旋風」を支持して、黒い服を好んで着る人々のことを意味します。

■ キャミソール
婦人用の袖なし下着のことです。ペチコートとともに下着の上に重ねて着られる上半身用のものです。1990年代から、見せる下着 としてブームになりました。

■ キャラクターズブランド
企業の経営戦略として、デザイナー名を表に出さずに、企業が主導的立場を取る、明確な個性を持つブランドのことです。デザイナーズブランドと区別する用語として使われます。

■ ギンガム
白に単色を配した小格子柄のことです。ギンガムチェックとも呼ばれています。

■ クチュリエ
レディースの服を作る男性のデザイナーのことを意味します。女性のデザイナーはクチュリエールと言います。通常は、オートクチュールのチーフデザイナーで、ブランドの統括責任者を務めます。

■ グッチャー
イタリアの高級ブランドであるグッチの製品を、次から次へと購入して身につける人のことを言います。グッチャー以外にもシャネラ ーなどがいます。やや蔑称的なニュアンスが込められています。

■ クラシズム
本来の意味は古典主義で、ギリシャ時代やローマ時代の芸術様式を指す言葉です。ファッション業界では、シンプルで調和の取れたスタイルのことを意味します。

■ クラブファッション
1980年代頃から登場したクラブに集まる人々が好むファッションのことです。DJやミュージシャンがファッションの発信源となる場合もあります。

■ ケリーバック
モナコ王妃のグレース・ケリーが愛用したエルメスのバッグのことです。かぶせの所にベルトと金の留め具が付いたデザインが特徴です。

■ 現金問屋
その場で現金決済をして、仕入れた商品を持ち帰る取引形態の問屋のことを意味します。

■ コマダムスタイル
独身の時にファッションに関心の高かった女性が、結婚して主婦になっても、服やアクセサリーにお金をかけるライフスタイルを保っていることを意味します。居住地にちなんで、山の手カジュ アルやシロガネーゼなどとも呼ばれています。

■ コラボレーション
直訳すると、共同制作です。ファッションと音楽や芸術など、異業種と組んで、新たな可能性を探ろうとするときに使われる言葉です。ファッション企業と、家電メーカーや車メーカーなどとの 共同開発にも使われます。

■ コンサバ
コンサバティブの略。スーツなどの保守的なファッションのことを意味します。高級感のある豪華な服のことを、コンサバリッチとか、ゴージャスコンサバなどと表現する場合もあります。

© 2020 アパレルコンサルタント