セレクトショップ経営戦略

セレクトショップ経営戦略とは

生まれたときからファッション情報に囲まれて育ち、非常にファッション感度が 高い年代層が、アパレル購入の主役となっています。このような世代のニーズ を的確に捉えて成長している業態がセレクトショップです。

セレクトショップは、 これまでの小売チェーンの常識をすべて覆す戦略を取っています。ひとことで言 えば、プロダクトアウトからマーケットインへの発想転換です。今までに成功し ているセレクトショップに共通する経営戦略のエッセンスをごくシンプルにまと めてみたいと思います。

マーケットを限定してシェアを高める

セレクトショップ経営で成功している企業は、顧客を明確に限定して、 その顧客のニーズに徹底的にこだわるというマーケットインの経営に 徹しています。その結果、店名・コンセプトの異なる複数のショップを グループとして束ねるという経営組織になっています。1つ1つはそれ ほど大きくなくても、複数のマーケットを束ねることにより、企業規模を 拡大するという経営戦略が取られているのです。

流行を積極的に取り入れる一般消費者をメインにする

アクティブ・コンサルティングでは、アパレルの消費者を、流行の最先 端の層から最終の層まで、①エキストリーム②センシティブ③プログ レッシブ④マス⑤チープの5段階に分けています。セレクトショップの 経営では、顧客層の中心をプログレッシブに置いて、マスの上部3分 の1程度までに留めるなど、コンセプトを明確にすることが大切です。

プライスゾーンを明確に定める

セレクトショップの顧客層は、価格の安さだけにはこだわりませんが、 だからといって自分の生活レベルとかけ離れた価格の商品は、購入で きません。したがって、店舗が想定した顧客の生活レベルをしっかりと 定めて、適切なプライスゾーンを設定して、その範囲内で商品を品揃 えすることが大切です。

商品ミックスの最適バランスを保つ

SPA(Speciality store retailer of Private label Apparel)すなわち、 製造から小売までを統合した販売形態を取っている企業が繁栄してい ます。低価格で高粗利の良質なオリジナル商品を安定供給しようとすれば、 必然的に到達する販売形態です。

今後さらにグローバル化が進むにつれ、 SPA給の重要性が増すと思われます。セレクトショップでもSPAを 志向することは当然でが、SPAによるオリジナル商品と、仕入商品と の最適バランスを保つことが大切です。

2019年12月21日  

Copyright© アパレルコンサルタント , 2020 All Rights Reserved.