アパレルショップマーチャンダイジング

アパレルショップマーチャンダイジングとは

アパレルショップを成功させるためには、適切なマーケットを選定することです。 そのために、まず肝に銘じておかなければならないことは、流行に対する感度に 応じて消費者を分類して、狙ったターゲットを的確に捉えることです。

アクティ ブ・コンサルティングでは、アパレルの消費者を、流行の最先端の層から最終 の層まで、①エキストリーム②センシティブ③プログレッシブ④マス⑤チープの 5段階に分けています。この分類をしっかり理解した上で、ターゲット客層に、 最適なマーチャンダイジングを実践することが極めて重要です。

商品構成グラフを作成する

アパレルショップだからといって何も特殊ではなく、基本は他産業のチェーンストアのマーチャンダイジングとまったく異なる点はありませ ん。マーチャンダイジングで、真っ先にやるべきことは、チェーンストア の原則通り、商品構成グラフの作成です。

具体的に言えば、自社の プライスゾーン、プライスレンジ、プライスポイント、プライスラインを 明確に設定することです。

ファッショナブルな商品だけで品揃えする

アパレルショップで取り扱うべき商品は、ファッション商品です。ここで 言うファッション商品とは、「限られた期間に、多くの人が購入して、使 用しているスタイルやカラーやデザインの商品」のことを意味していま す。

したがって、マスファッションでも、大多数の人が実際に使用する 範囲で、あまり奇抜ではないが、今までにない、新しいスタイルやカラ ーやデザインの要素を持ったものでなければなりません。この意味 で、セレクトショップはもちろん、マスリテーラーでも、ショップの中に ファッショブルでない商品は一切置くべきではありません。

ハイファッションを大衆化する

ハイファッションは一部の人達にしか支持されませんが、その中には 斬新な要素が込められていることは確かです。アパレルショップがや るべきことは、ハイファッションの大衆化です。

具体的に言えば、ハイ ファションの一部の要素を取り入れつつも、奇抜さを排除して、大衆が 着られるものを作り上げます。その時に、価格をプライスゾーンに収 めることも重要な要素です。

チェーンストア理論の専門用語で、トレー ドオフと呼ばれる手法です。トレードオフとは、商品の持っている性質 や機能について、最も必要と思われる一部の性質や機能だけを重視 して、他の性質や機能を切り捨てることです。

ただし、セレクトショッ プとマスリテーラーでは、プライスゾーンが異なるので、当然にトレー ドオフの程度も異なります。

形態に適したマーチャンダイジングを実践する

マスリテーラーが成功するためには、チェーンストア理論の実践しか ありません。したがって、マーチャンダイジングにおいても、マスマー チャンダイジングを徹底することです。具体的に言えば、一品大量主 義です。

一時期に、大多数の人々が欲しいと思うベーシック商品が、 それほど色々あるわけはないのです。したがって、企業が科学的な分 析をした上で、売れると判断した商品を店頭で一品大量陳列して、安定供給を図れるようにマネジメントします。セレクトショップでは、 一品大量主義よりも、バランスのよい品揃えを重視します。

コーディネート可能な商品を開発する

マスマーチャンダイジングを徹底し、一品大量主義で販売すると、皆が 同じファッションになって個性がなくなるから、売れないのではないかと いう疑問を呈する人がいます。しかし、実際にはこのような心配はまっ たく不要です。なぜならば、同じ商品でも、コーディネートのやり方によって、何通りものファッションを楽しむことが可能だからです。

したが って、アパレルショップのマーチャンダイジングでは、1品1品バラバ ラな商品ではなく、取り扱うすべての商品がコーディネート可能であ ることが理想です。セレクトショップでは、よりテイストを絞ったコン セプトの中で、コーディネート可能な商品を取り揃えます。

© 2020 アパレルコンサルタント