アパレル接客9-生活シーンに合う提案をする

コーディネート提案や、アドバイスをする場合には、常に 謙虚に、お客様のライフスタイルを想像して、生活シーン のどのような場で着られるのかを想定した上で、行わなけ ればなりません。

短期間の研修でセンスが良くなったと思い込んでいる販売 スタッフが、客はセンスが悪いと決めつけて、アドバイス と称して、店にある商品を個人的な思いつきで組み合わせ て、無理やり売り付けるということくらい迷惑なことはあ りません。

お客様の話をよく聴いた上で、お客様の潜在的なニーズ やお客様の良さを引き出す提案をすることが大切です。 顧客第一の精神を忘れず、あくまでも販売スタッフはお客 様がお選びになる補助という謙虚な立場で接することが 何よりも重要です。

接客イメージ5

© 2020 アパレルコンサルタント