アパレル接客4-お客様の気持ちを考えた質問

コミュニケーションは質問から始まります。しかし質問を する場合には、十分注意をする必要があります。こちらの 聞きたいことだけを質問するならば、警察の尋問のような 形式でも構わないのですが、これでは相手は追い詰めら れていくような圧迫感があり、嫌な気持ちになってしまい ます。質問を矢継ぎ早にしないように注意しましょう。

質問には「こちらの色は好きですか、嫌いですかか」など のように、答えを絞り込んでいくクローズ型質問と、「最近 は、どのような色の服ををよく着られますか」などのよう に、自由に答えられるオープン型質問があります。オープ ン型の質問のほうが、圧迫感は少ないですよね。

2つのスタイルの質問は、状況に応じて使い分けるのです が、特にクローズ型の質問を連続すると、お客様は不快 に感じるということは、覚えておいて下さい。

接客イメージ4

© 2020 アパレルコンサルタント