ファストファッション

ファストファッションとは

ファストファッション(fast fashion)とは、最新の流行を採り入れていながらも、 価格を低く抑えた衣料品を、短いサイクルで大量に生産し販売するファッション ブランドやその業態のことを意味します。

ファストフードになぞらえて、造られた 言葉です。2000年代半ばから使われ始めた言葉であり、2009年には新語・ 流行語大賞のトップテンに選ばれました。低価格を維持する業態なので、SPA の形態を取っている企業が多いです。

日本のファストファッション

ユニクロ、コムサイズム、ムジ、ハニーズなどが日本のファ ストファッションの代表的なブランドです。いずれの企業も、収益率が 高く、顧客から強く支持されています。

米国のファストファッション

ギャップ、フォーエバー21、アバクロンビー&フィッチ、アルマーニ・エクスチェンジ、アーバン・アウトフィッターズなどが代表的なブランド です。SPAの先駆者であるギャップが草分け的な存在です。

欧州のファストファッション

スペインのザラ、スウェーデンのH&M、イギリスのトップショップ、ベルギーのC&Aなどが代表的なブランドです。この中で、H&Mはアパレルショップの中で、世界1位の売上高となっています。

2019年12月21日  

Copyright© アパレルコンサルタント , 2020 All Rights Reserved.