アパレル小売業の業態

アパレル小売業の業態とは

アパレル小売業は、取扱商品の幅や奥行き、経営主体、売上規模や店数などにより、いくつかの業態に分けられます。業態(type of opereation)は、営業形態の略であり、消費者の購買ニーズに基づいたマーチャンダイジングや営業方法の特色による分類です。

アクティブ・コンサルティングは、アパレル小売業のすべての業態に、的確に応じたコンサルティングを実施いたします。

百貨店「ハコ」

百貨店の中に、ショップ・イン・ショップの形式で展開する売場のことを 「ハコ」と言います。通常は、有名ブランドを持つ専門店チェーンか、ア パレルメーカーの直営チェーンが入店します。

百貨店「平場」

百貨店の中で、物理的な区切りがなく、フロア全体が見渡せるような 売場のことを「平場」と言います。平場は、複数の仕入れ先の複数の ブランドで構成されます。

GMS・SM

GMS(General Merchandise Store)は、本来はノンフーズをセルフセ レクションで総合的に取り扱う業態ですが、日本では食料品も含めた 大型スーパーのことをGMSと呼んでいます。百貨店に比べると、より 日常に近い低価格帯の商品を取り扱っています。

また、スーパーマーケット(Supermarket)では、さらに最寄性の強い下着などを中心にし た品揃えがなされています。

量販店チェーン

いわゆるマスリテーラーです。アパレルにおいては、広義の量販店チェーンには、GMSなども含めますが、狭義の量販店チェーンでは、 衣料品のみを取り扱い、低価格で大量販売することを目指すアパレル ショップだけを意味します。量販店チェーンの代表的な形態がファスト ファッションです。

専門店チェーン

専門店チェーンとは、ターゲット客層や取扱商品を絞って、深みのある 品揃えをすると共に、プロフェッショナルな販売スタッフが対面販売に より、顧客にアドバイスをしながら販売することを特徴とする業態で す。代表的な専門店チェーンの形態がセレクトショップです。

アパレルメーカー直営店チェーン

アパレルメーカーが直営で運営する専門店チェーンです。小売業が運 営する専門店チェーンに比べると、ブランド力は強いのですが、全般 に経営が甘くなりがちなチェーンが多いように見受けられます。アクテ ィブ・コンサルティングは直営チェーンの経営改善に注力しています。

アウトレット

アウトレットとは直訳すると「出口」とか「はけ口」という意味です。簡単 に言えば、通常店舗の残品処分のために作られた店舗です。アウトレットには、メーカーが、自社の残品を処分するためのファクトリー・アウ トレットと、小売業が残品を処分するためのリテール・アウトレットが
あります。

© 2020 アパレルコンサルタント