アパレルコンサルタント

アパレルショップ接客 株式会社アクティブ・コンサルティング

ホーム > 

アパレルショップ接客 > 

イメージギャップをなくす


アパレルショップ接客


アパレル店長の業績アップに、
即役立つ重要な情報を提供!

  コンサルティングメニュー

ブランドコンサルティング

テーマ別コンサルティング

顧問契約コンサルティング

チェーン展開コンサルティング

次世代経営者育成コンサルティング

アパレルコンサルタントご依頼手順

  トレ−ニングメニュー

アパレルショップ販売スタッフ研修

アパレルショップ店長研修

アパレルショップSV研修

アパレルショップバイヤー研修

アパレルショップ経営管理者研修

  アパレルショップの必読知識

アパレル店長チェックリスト

アパレルショップ接客技術

アパレル用語

  会社情報

会社情報

会社概要

代表者紹介

アクセスマップ

  公開セミナー案内

後継者アカデミー

イメージギャップをなくす

接客で、お客様と会話をしているとき、お互いに自分の話 したことを相手が理解していると思っているのですが、実 はそれぞれが、まったく違った内容を考えているという場 合があります。

例えば太いストライプの柄を見て、「派手な柄」と思う人も いれば、「地味な柄」と思う人もいるでしょう。もしお客様が 「派手な柄が好き」と言われたとき、お客様と販売スタッフ が同じ言葉から、違うイメージを浮かべていたら、どうなる でしょうか。これをイメージギャップと言います。

お客様と販売スタッフとの間に、言葉だけによる通り一遍 の説明がある状態では、イメージギャップが発生する可能 性があります。それゆえ、お客様をよく観察し、お客様の 言葉を全身で受け止めて、相手の話を自分も同じイメージ で受け止めることができたのか、自分の説明を正しく理解 していただけたのかを、細かく確認するようにします。

※アパレル接客研修の開催をご希望のアパレルショップ の皆様は、下記にお問合わせください。

株式会社アクティブ・コンサルティング

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビル7階
お電話でのお問い合わせは TEL 03−6202−7418
メールでのお問い合わせは   ここをクリックして下さい


岡村憲之公式メールマガジン

無料登録 登録 解除

メールアドレス (必須)

お名前

FOREVER 21 Japan

ブランド古着のオンラインショップRAGTAG(ラグタグ)

プラス志向の話し方をするへ→

←相手の目を見て話すへ

▲このページ(イメージギャップをなくす)のトップへ

当サイトのテキスト・画像等すべてのコンテンツの無断転載・転用を固く禁じます。
Copyright © 2011 Active Consulting