アパレルコンサルタント

アパレルショップVMDの実践テクニック 株式会社アクティブ・コンサルティング

ホーム > 

アパレルショップVMD > 

テクニック


アパレルショップVMD


アパレル店長の業績アップに、
即役立つ重要な情報を提供!

  コンサルティングメニュー

ブランドコンサルティング

テーマ別コンサルティング

顧問契約コンサルティング

チェーン展開コンサルティング

次世代経営者育成コンサルティング

アパレルコンサルタントご依頼手順

  トレ−ニングメニュー

アパレルショップ販売スタッフ研修

アパレルショップ店長研修

アパレルショップSV研修

アパレルショップバイヤー研修

アパレルショップ経営管理者研修

  アパレルショップの必読知識

アパレル店長チェックリスト

アパレルショップ接客技術

アパレル用語

  会社情報

会社情報

会社概要

代表者紹介

アクセスマップ

  公開セミナー案内

後継者アカデミー

アパレルショップVMDの実践テクニック

VMDを上手に展開するためには、基本概念を理解するだけではだめであり、実際にVMD を展開するための技術を高める必要があります。魂は細部に宿るということわざ通りに、1つ 1つの細かい技術を高めることが、差別化につながるのです。VMDを展開する技術は、大きく 分けて、MDに関する技術、VPに関する技術、ストアデザインに関する技術の3つに分類 できます。すべての技術を高めることが、VMD展開の必須条件です。

■ MDに関する技術

棚割の技術がMDの基本となります。アパレルショップでは、アパレルに 特有の技術が要求されます。具体的には、デザイン、カラー、サイズの配列 や、コーディネート訴求、フェイスアウト、スリーブアウト、フォールデッド などの陳列形態を想定して、棚割を組み立てることが必要です。棚割を完璧に するためには、システム什器の活用も重要な要素となります。

■ VPに関する技術

VPを効果的に実施するためには、52週セールスプロモーションの策 定が前提となります。シーズンやイベントテーマを明確に設定して、演出をする ことが大切です。実際に演出するためには、マネキン、トルソー、トンボ、 シャツスタンドなどの器具を効果的に活用する技術が必要です。POP制作 により、商品価値を正確に伝達する技術も高めておかなければなりません。

■ ストアデザインに関する技術

従来はストアデザイナーにまかせっきりの分野でしたが、VMDを展開する ためには、ストアオペレーション担当者が自ら、什器レイアウトなどのフェイス フォルムレイアウトを設計してから、デザイナーに演出と装飾を依頼するという 手順に変更する必要があります。照明効果やカラーコントロールなどにも、十分 に配慮して、ストアデザインの完成度を高められるような技術を身に付けることが 大切です。

株式会社アクティブ・コンサルティング

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビル7階
お電話でのお問い合わせは TEL 03−6202−7418
メールでのお問い合わせは   ここをクリックして下さい


岡村憲之公式メールマガジン

無料登録 登録 解除

メールアドレス (必須)

お名前

FOREVER 21 Japan

ブランド古着のオンラインショップRAGTAG(ラグタグ)

アパレルVMD一覧へ→

←サプライチェーンVMDの効果へ

▲このページ(VMDの実践テクニック)のトップへ

当サイトのテキスト・画像等すべてのコンテンツの無断転載・転用を固く禁じます。
Copyright © 2011 Active Consulting