アパレルコンサルタント

ファッションビジネスの構造 株式会社アクティブ・コンサルティング

ホーム > 

アパレル基礎知識 > 

構造


アパレルの基礎知識


アパレル店長の業績アップに、
即役立つ重要な情報を提供!

  コンサルティングメニュー

ブランドコンサルティング

テーマ別コンサルティング

顧問契約コンサルティング

チェーン展開コンサルティング

次世代経営者育成コンサルティング

アパレルコンサルタントご依頼手順

  トレ−ニングメニュー

アパレルショップ販売スタッフ研修

アパレルショップ店長研修

アパレルショップSV研修

アパレルショップバイヤー研修

アパレルショップ経営管理者研修

  アパレルショップの必読知識

アパレル店長チェックリスト

アパレルショップ接客技術

アパレル用語

  会社情報

会社情報

会社概要

代表者紹介

アクセスマップ

  公開セミナー案内

後継者アカデミー

ファッションビジネスの構造

ファッション産業は幅広い分野を抱えており、原料、糸、テキスタイルなどを取り 扱う川上から、ブランドメーカーと呼ばれて川中に位置する卸売業、消費者に 販売するアパレルショップなどの川下までがあります。従来のアパレル産業の 中核は、ブランドメーカーだったのですが、SPAの登場により、アパレル業界の 縦割りの境がなくなりました。現在の主流はSPAになっています。

■ テキスタイル

テキスタイル(textile)とは、直訳すると「織物」とか「布地」という意味で す。すなわち、ファッション産業で、テキスタイルとは、織物や布地を 制作する分野のことを意味します。そして、織物や布地をデザインす る人のことをテキスタイルデザイナーと言います。ファッション産業で は、このように、原料を糸にしてテキスタイルを扱う分野を川上と呼ん でいます。

■ ブランドメーカー

ブランドメーカー(brand maker)とは、独自ブランドを持つ卸売業であ り、マーケティングやマーチャンダイジングを行い、自ら企画した商品 の生産をアウトソーシングするというビジネスを展開しています。従来 は、ブランドメーカーがアパレル産業の主流を占めていました。これ により、業界では今でも狭義のアパレルという用語はブランドメーカー のことだけを指すものとして使われています。それゆえ、ブランドメー カーは、アパレルメーカーとも呼ばれます。卸売業には、ブランドメー カー以外にも、集散機能を中心とした問屋型卸売会社もありますが、 これは主に肌着や靴下などの実用品を取り扱っています。

■ アパレルショップ

アパレルショップ(apparel shop)とは、アパレルを消費者に販売する店のことであり、 アパレル販売のおおよそ3分の1を百貨店や量販店が占めており、3分の2を専門店が 占めていると推計されます。アクティブ・コンサルティングは、アパレルショップに 対する経営コンサルティングを、最も得意分野としております。

■ SPA

SPAとはGAPのドナルド・フィッシャー会長が1986年に発表した Speciality store retailer of Private label Apparelの頭文字を組み合 わせた造語の略語です。製造から小売までを統合した最も垂直統合 度の高い販売業態のことを意味します。GAPをはじめとして、日本の ユニクロなど、SPA形態のアパレルショップは、現在のアパレル業界 の主役となっています。


株式会社アクティブ・コンサルティング

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビル7階
お電話でのお問い合わせは TEL 03−6202−7418
メールでのお問い合わせは   ここをクリックして下さい


岡村憲之公式メールマガジン

無料登録 登録 解除

メールアドレス (必須)

お名前

FOREVER 21 Japan

ブランド古着のオンラインショップRAGTAG(ラグタグ)

アパレル生産・流通の仕組みへ→

←アパレル基礎知識一覧へ

▲このページ(ファッションビジネスの構造)のトップへ

当サイトのテキスト・画像等すべてのコンテンツの無断転載・転用を固く禁じます。
Copyright © 2011 Active Consulting